FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-25 21:34 | カテゴリ:大会
 こんにちは。コーチの會田です。3月21日から24日まで静岡県浜松市の天竜川で第24回全国高等学校選抜ボート大会が行われました。

○3月21日≪公式配艇練習≫
 相模湖の宿を出発し、いつものマイクロバスで天竜へと向かいました。昨年までは東名高速の袋井ICから1時間弱かけて会場に行っていたのが、新東名高速の開通で所要時間がぐっと縮みました。新東名の浜松浜北ICからだいたい20分くらいで会場に行けるようになり、交通の便がかなり向上しました。
 この日は配艇練習で午後から男子ダブルスカル(M2X、2人乗り)、女子舵手付クォドルプル(W4X+、5人乗り)ともに13時ごろから120分配艇が始まりました。リギング(艇の調整作業)手順の確認や、コースの確認などを行い配艇練習を終えました。
 配艇練習を終え、選手たちは軽いトレーニングを、會田とサポートは開会式・代表者会議へ向かいました。開会式・代表者会議で去年優勝した津久井高校の優勝カップを返還し、その他大会における注意事項などを確認しました。
 その後、入浴と食事を済ませ、ミーティング。明日の流れ、注意事項などを確認し、翌日に備えました。

※配艇とは・・・試合艇を回す仕組みのこと。高校生の大会の大半は公平性を期すため配艇方式がとられる。大会の本部側があらかじめ使用する艇を指定し、それを割り振る。使用する艇はレースごとに違うので、レース前に工具などを使用してリギング(艇の調整作業)を行い、自分に合った艇を作らなければいけない。つまり、配艇時間中は自分の艇として独占使用する権利を有することができる。配艇開始時間は自分のレースがスタートする90分前や120分前など大会によって異なる。リギングに時間がかかればかかるほど水上で練習できる時間が短くなるので、いかにリギングを早く行うか、ということも大会を制覇するカギとなる。



DSC_9203.jpg
開会式・代表者会議会場

DSC_9205.jpg
Y校の幟

DSC_9206.jpg
ボート競技の聖地、天竜ボート場

つづいて、予選の模様を更新します。




あいだ
秘密

トラックバック URL
→http://yboat.blog.fc2.com/tb.php/49-be38d3fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。