-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-28 14:04 | カテゴリ:大会
 こんにちは。あいだです。9月11日から東京の荒川で東京国体ボート競技が行われます。レースの組み合わせが発表されましたので、発艇時刻を含めてお知らせします。
 なお、今年のレース日程は変則的で、成年種別と少年種別、種目によって日程が違いますのでご注意ください。

 少年種目のレース日程・・・9/11:予選→9/12:敗者復活→9/13:JW2X以外の準決勝→9/14:JW2Xのみ準決勝→9/15:順位決定・決勝
 成年種目のレース日程・・・9/11:M2Xのみ予選→9/12:M2X以外の予選→9/13:敗者復活→9/14:準決勝→9/15:順位決定・決勝

○9月11日(水)≪予選≫ (JM1X、JM4X+、M2X、JW1X)

少年男子シングルスカル 8:20発艇 予選B組 レースNo.6  3/5上がり
1 宮島工業高校(広島)
2 新潟選抜(新潟)
3 津久井高校(神奈川)
4 兵庫選抜(兵庫)
5 愛知選抜(愛知)

少年男子舵手付クォドルプル 8:50発艇 予選A組 レースNo.9 3/5上がり
1 長崎県選抜(長崎)
2 函館水産高校(北海道)
3 田名部高校(青森)
4 岐阜選抜(岐阜)
5 慶應義塾高校(神奈川)

成年男子ダブルスカル 9:40発艇 予選E組 レースNo.13 1/5上がり
1 長野選抜(長野県)
2 神奈川選抜(神奈川)
3 兵庫選抜(兵庫)
4 山口選抜(山口)
5 長崎県選抜(長崎)

少年女子シングルスカル 10:50発艇 予選D組 レースNo.20 3/5上がり
1 福井選抜(福井)
2 宮崎選抜(宮崎)
3 Y校(神奈川)
4 兵庫選抜(兵庫)
5 静岡県選抜(静岡)

○9月12日(木) ≪予選・敗者復活≫ (W4X+)

成年女子舵手付クォドルプル 10:40発艇 予選A組 レースNo.52 3/5上がり
1 新潟選抜(新潟)
2 熊本選抜(熊本)
3 秋田選抜(秋田)
4 大阪選抜(大阪)
5 Y校艇友会(神奈川)

 今年もチーム神奈川は頑張ります!!応援よろしくお願いします!!

あいだ
スポンサーサイト
2013-08-23 20:22 | カテゴリ:大会
 こんにちは。あいだです。先週と今週はすこしばたばたしていましたが、落ち着いてきました。
 今回はインターハイ最終日、準決勝・順位決定戦についてです。この日の天候は晴れ、風と波はありコンディションはいいとは言えませんでした。

○8月6日(火)≪準決勝≫

女子シングルスカル
10:17発艇 レースNo.141 準決勝4組 1位→決勝へ 2位→順位決定戦へ

①着 富士河口湖(山梨) 4'18.35
②着 Y校 4'21.49
3着 本所(東京) 4'26.10
4着 洲本(兵庫) 4'30.72

 昨年に引き続き、インターハイの準決勝はプチ関東大会となりました。富士河口湖の選手とは7月の国体関東ブロック予選以来の戦いです。スタートから追い付こうと抜こうと必死に漕ぎましたが、中盤以降相手がぐいぐい伸びていき2位で準決勝を通過しました。2位となってしまいましたが、今までで一番良いのパフォーマンスが出来たのではないでしょうか。まさに全力を出し切ったレースだったと思います。


≪順位決定戦≫

女子シングルスカル
13:00発艇 レースNo.152 順位決定戦

①着 大津(滋賀) 4'10.31
②着 田村(福島) 4'12.17
3着 Y校 4'12.48
4着 坂出商業(香川) 4'17.78

 最後のレースはバテバテでした。準決勝で力を使い切った感は否めませんが、負けは負けです。1日に2本のレースを行うだけの体力がありませんでした。全国大会のもう一つの厳しさはここにありますね。最後の最後で2本とも漕げる選手が上位に入ることが出来るのです。
 天候で急に日程が変わったり、組み合わせが波乱含みになったりと、全国大会では何があるかわかりません。しかし、上位に入賞する選手というのはそんな中でもちゃんと掴み取るのです。ぜひ、彼女にもそういう選手になってほしいですね!!


 今回のインターハイでは男子シングルスカル、女子舵手付クォドルプルが準々決勝敗退でした。女子シングルスカルは順位決定戦3位ですので、7位の順位を付けたことになります。しかし表彰状は6位までなので、今回表彰状はお預けです。各クルーとも全力を出し切り、最高の動きをしてくれました。結果はどうであれY校ボート部として、チームとして得たものは計り知れないのではないでしょうか。
 8月から新クルーで県新人戦、関東選抜大会に臨みます。いいところを引き継ぎ、今まで以上のチームにしたいとボート部一同思っております!!


 無事にインターハイを終えることが出来ました。応援ありがとうございました!!!



あいだ
2013-08-13 22:37 | カテゴリ:大会
 こんにちは。1日空いてしまいました。あいだです。今回はインターハイ競技3日目、準々決勝の結果についてです。この日も朝から蒸し暑かったです。前日の嵐でテント内もびしょ濡れ、いろいろなところから雨漏りがしていて、その処理で朝はスタートしました。

○8月5日(土)≪準々決勝≫

男子シングルスカル
9:14発艇 レースNo.82 準々決勝1組 2/5上がり

①着 山田(岩手) 4'11.87
②着 諏訪清陵(長野) 4'20.03
3着 Y校 4'21.97
4着 潮来(茨城) 4'24.52
5着 富士河口湖(山梨) 4'32.60

 あとわずか及ばず、準々決勝で敗退しました。高校でのボート生活最後のレースとなりました。最初は少々遅れ気味だったものの、途中からだんだん追い上げました。あと一歩。負けは負けですが、最高のレース、パフォーマンスをしてくれたと思います。自転車で伴走しながら、涙がこみ上げるほど感動しました。日々真剣に、こつこつ積み重ねることの大切さをこのレースで彼は教えてくれました。後輩たちも是非、引き継いでいってほしいです。


女子シングルスカル
12:40発艇 レースNo.104 準々決勝5組 2/4上がり

①着 Y校 4'32.36
②着 青森(青森) 4'32.65
3着 新潟南(新潟) 4'41.04
4着 大村(長崎) 4'48.21

 コンマ差ながら準々決勝を1位で通過することが出来ました。500mを1位で通過し、ラストは2位の青森高校とデットヒート。追いかけながらどっちだ、どっちだという状況が続きました。最後の最後で刺して、1位でゴール。準々決勝1位通過という大きな結果を得ることが出来ました。が、この準々決勝の結果が思わぬ出来事を引き寄せることに・・・


女子舵手付クォドルプル
13:43発艇 レースNo.113 準々決勝6組 2/4上がり

①着 石巻(宮城) 3'49.18
②着 若狭(福井) 3'50.78
3着 米子南(鳥取) 3'51.00
4着 Y校 3'58.22
DSC_9278.jpg

 敗者復活戦を上がり、準々決勝に臨みました。全国の壁というのは高く、厚いです。圧倒的な力を前に、負けてしまいました。スタートこそ食らいつきましたが、その後どんどん引き離されてしまい4位でゴール。3年生2人の最後のレースとなってしまいました。このレースも本当によかったです。今までで一番いいレースだったのではないでしょうか。



 毎年思うことですが、競技3日目準々決勝というのは本当に厳しいです。自分のときも準々決勝で敗退しました。最終日で漕ぐことが出来る、というのは本当に難しいこと。でも、Y校のクルーも人一倍厳しい練習を乗り切って、耐えて、頑張ってきました。最終日で漕ぐことが出来なくても、悔いなく、さわやかに終わることが出来れば、それでいいのではないでしょうか。自分のときも高校最後のレースというのは負けたのに何故か気持ちよかったです。なんて、偉そうにすみません。
 この日をもって、残った3年生男子1名、女子2名が引退し、3年生全員が引退します。本当に地道によく頑張る選手たちでした。昨年の新人戦から本当に長いようで短かったです。ついこのあいだ天竜で漕いでいたような感覚です。3年生との思い出はまた別の機会に。
 さて、2年生の女子シングルスカルは最終日、準決勝へ進出しました。ここでも大きなドラマがありました。インターハイは毎年大きなドラマがあって面白いですね。何があるかわからない、それが全国大会です。


あいだ
2013-08-11 11:00 | カテゴリ:大会
 こんにちは。あいだです。今回は競技2日目、敗者復活戦についてです。
 この日は大陸から湿った空気が流れ込み、荒天となりました。朝4時くらいに雨で目が覚めたくらいです。朝から雷鳴が響き、土砂降り状態に。レースが開始される8時前後から雨が強くなり始め、福岡県内に大雨警報や雷注意報・竜巻注意情報が発令、レース時間が90分遅れとなりました。しかし天候が変わる気配が見られず、さらに60分遅れとなり、150分遅れでレースが行われることが決定しました。このまま行うことが出来るのだろうかと少し不安になりながらホテルで過ごしていました。敗者復活戦の荒天は、沖縄のインターハイを思い出します。そのうち雨風のピークは過ぎましたが、時折土砂降りになったり雷が鳴ったりと天候は非常に悪い午前中でした。
 そして、午前の雨が止んだ時間で陸上トレーニングを。シングルスカルの選手は千葉県の銚子商業高校のエルゴをお借りして、エルゴトレーニングを行いました。銚子商業高校ボート部の関係者の方、本当にありがとうございました。
DSC_9269.jpg




○8月4日(金)≪敗者復活戦≫

女子舵手付クォドルプル
11:53発艇→14:23発艇に変更 レースNo.77 敗者復活戦4組 2/4上がり
①着 Y校
②着 新潟南(新潟)
3着 田辺(和歌山)
4着 宮崎商業(宮崎)

 風と波がとても強く、コンディションは最悪と言ってもいい状態の中でのレースでした。途中他のクルーは腹切りがありましたが、Y校クルーは一度も腹切ることなくゴールすることが出来ました。予選の反省が生かされたのだと思います。ミスオールもなく、断トツの1位でゴール。駒を一つ進めました。


 この日はコンディションは最悪でしたが、それをしっかり受け入れて受け留めてレースに臨むことが出来たと思います。
 その後、クルーでミーティングを行い、準々決勝に備え早めに寝ました。

 次回は競技3日目、準々決勝の模様です。

あいだ
2013-08-10 11:00 | カテゴリ:大会
 こんにちは。あいだです。今回はインターハイ競技1日目、予選についての記事です。

○8月3日(土)≪予選≫


女子シングルスカル
10:17発艇 レースNo.14 予選3組 3/5上がり
①着 坂出商業(香川)
②着 Y校
③着 本荘(秋田)
4着 大村(長崎)
5着 宮島工業(広島)

 始めから出し切ることが出来ませんでした。余力を残してしまった感じがあります。本人もこのレースは失敗したようで、初っ端からもっと上げられたと反省していました。予選は2位で上がり、準々決勝へと進出しました。


女子舵手付クォドルプル
14:46発艇 レースNo.45 予選7組 3/5上がり
①着 大津(滋賀)
②着 松江東(島根)
③着 八尾(富山)
4着 田村(福島)
5着 Y校

 出だしから遅れ気味で、先頭集団に遅れる形でスタートしました。その後も先頭集団に追いつくことは出来ず、500m過ぎたところくらいで腹切りが発生し完全に止まりました。態勢を立て直してスタートしましたが、追い付けず5位。昨年に引き続き、女子クォドは敗者復活戦に回ってしまいました。腹切っていてもいなくても、このレースを上がれていたかどうかと言うと、厳しかったと思っています。


男子シングルスカル
16:01発艇 レースNo.51 予選10組 3/4上がり
①着 坂出商業(香川)
②着 Y校
③着 宮島工業(広島)
4着 和歌山北(和歌山)

 非常に良いレースでした。遅れることなくスタートし、後半からぐいぐい上げて、2位に滑り込み準々決勝へ。3/4上がりという運の強さもあってか、いい流れが来ているなあと思いました。



 朝から夕方まで1日中会場にいると、インターハイに来たなぁという感じがします。時間によってコンディションは違うのは当たり前で、それも時の運なんですね。この日は残念ながら女子クォドが負けてしまいました。すべてのクルーが予選で上がるというのを毎年目標にしていましたが、なかなかそうはいきませんね。そこが全国大会の厳しさです。どんな組み合わせでも上がることが出来る、そんなクルーづくりをしていきたいですね。
 次回は敗者復活戦とその日の様子について書きたいと思います。8月4日は本当に荒れました。雨風波すべてが最悪な状態の中・・・
 続きは次回に!!



あいだ
2013-08-09 11:00 | カテゴリ:大会
 こんにちは。あいだです。8月3日から6日まで福岡県遠賀町にて行われていました。高校生のスポーツの祭典。現役のときを含め通算5回目のインターハイですが、あの空気は本当にいろいろな刺激を与えてくれます。最高の舞台とはまさにこのことですね。


○7/31(水) 出発日
 選手たちは7/31に横浜を出発しました。インターハイに出場しない選手たちがサプライズで羽田空港までお見送りに来てくれました。応援メッセージを書いたハンカチを1人ひとりにプレゼントされ、いざ出発。羽田空港から福岡空港へと向かいました。

○8/1(木) 公式配艇練習1日目
 この日は朝から暑く、そして川は荒れたようです。思うとおりに動けなかったといっていました。遠賀川の怖さを知ったようです。ちなみに私はこの日までテストで、午後の便で福岡入り。この日の夜からようやく合流することが出来ました。宿はビジネスホテルで、選手には少し環境は厳しかったかなと思いますが我慢我慢。

○8/2(金) 公式配艇練習2日目
 この日も朝から暑く、そして川は荒れました。配艇時間は午後なので、陸上トレーニングを軽く行いウォーミングアップを。その後遠賀川の会場に移動しました。私自身、初めて遠賀川を訪れましたが、こんなに荒れているとは予想だにしませんでした。スカルもクォドもうまく漕げず、レートもあまり出すことが出来ず。しかし荒れていようと風が吹こうと、みな条件は同じです。波風に負けない心、技術を身に着けた選手のみが上へ進むことが出来るのだなあと。あまりに荒れているので、選手たちと相談してリギングの調整が必要だと判断し、翌日の予選ではリギングをいつもと変えて出漕することにしました。
 艇の解除を終えて、本日の動きは終了。予選に備えてしっかりとご飯を食べて、各クルーとミーティング。ミーティングの議題はこんな感じでした。
M1X・・・荒れて漕げなかった
W1X・・・荒れてレートが全然でない。漕げない。
W4X+・・・荒れてレートが全然でない。
 「荒れる」とか、「ラフコン」を言い訳にしてはいけない。先ほども言いましたが条件はみな同じなのです。自分が置かれている状況を受け入れて、どう攻略していくかを考えられるかどうか。波風に対して、「無」でいられるか。そういうのがまだまだ足りないのかなと思いました。

 次回は競技1日目の様子をお伝えします。


あいだ
2013-08-08 19:33 | カテゴリ:大会
 こんにちは。無事インターハイを終えて福岡から帰ってきました。インターハイの結果等についてはまた後日更新します。今回は7月の終わりに行われた国体の関東ブロック予選の結果についてです。

○少年女子シングルスカル:予選1位通過→決勝2位、本大会出場へ
 今回も予選は楽々1位で上がることが出来ました。決勝戦は山梨の選手と4秒差で2位。課題はまだまだありますが、着実に伸びてきていると思います。国体本大会での活躍にも期待です。

○少年女子舵手付クォドルプル:決勝3位敗退
 山梨選抜と2秒差に敗れ、本大会への切符を得ることが出来ず、非常に悔しいレースでした。この大会に向けてたくさんの準備を行い、練習を行なってきました。しかし、叶わず国体本大会への出場権を得ることが出来ませんでした。スタッフ陣でも反省する部分が多かったと思っています。


○そのほか神奈川県代表の結果
・JM1X(津久井)・・・予選3位通過→決勝2位、本大会出場へ
・JM2X(慶應義塾)・・・予選4位→敗者復活戦2位敗退
・JM4X+(慶應義塾)・・・決勝3位→本大会出場へ
・JW2X(津久井)・・・予選2位通過→決勝3位敗退
・M1X(東海大学)・・・予選2位通過→決勝4位敗退
・M4+(東海大学)・・・予選3位→敗者復活戦1位通過→決勝5位敗退
・W1X(Y校艇友会・碩)・・・決勝5位敗退
・W2X(神奈川選抜)・・・決勝3位敗退
・W4X+(Y校艇友会)・・・決勝3位、本大会出場へ

 神奈川県からは少年の部がY校の女子シングルスカル、津久井の男子シングルスカル、慶應義塾の男子舵手付クォドルプルが、成年の部ではY校艇友会の女子舵手付クォドルプル、神奈川選抜の男子ダブルスカルが本大会に出場します。
 Y校艇友会の舵手付クォドルプルでY校ボート部OGの藤原早貴さん、中村亜由美さん、南木りさ子さん、大野田華子さん、高橋沙弥さんが東京国体本大会に出場します。惜しくも出場を逃してしまった女子シングルスカルの碩藍美さん、神奈川選抜の女子ダブルスカルの髙木みすずさんも大健闘でした。本当にお疲れ様でした。



あいだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。